{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

バベル

残り3点

5,390円

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

品質保持の為、5月〜9月末までクール便発送となり別途¥330を頂戴致しております。ご注文の際にクール便送料も一緒にご注文下さいますようお願い致します。クール便のご注文が頂けていない際は一旦キャンセルさせて頂きますのであらかじめご了承くださいませ。 ラベル表記 /BABEL 年代 / 2021 ワイナリー、生産者 / LʼEtranger - レトランジェ(パウロ・アルメダ) タイプ / 白 生産地域 / ルーション(フランス) ブドウ品種 / グルナッシュ・ブラン、グルナッシュ・グリ アルコール度数 / 11.5% 容量 / 750ml ⼩さいコンテナを使⽤して⼿摘みで収穫。醸造はダイレクトプレスから始まり、コールドセトリングが⾏われます。そして、ステンレスタンクの中でアルコール発酵とマロラクティック発酵が⾏われます。容量の半分を228Lのバリックと500Lのドゥミ・ミュイで、もう半分をステンレスタンクで6ヶ⽉熟成させます。3⽉上旬に滓引きを実施、清澄や濾過は⾏わず、⼟着酵⺟のみを使⽤。4⽉上旬にボトリング。バランスがよく、ミネラルかつフレッシュでフローラルのアロマを感じます。樽熟成はいいスモーキーなアクセントを加えてくれており、本当に美しくユニークなキュヴェに仕上がっています。 「バベル」という名前は、2006年にアレハンドロ・ ゴンサレス・イニャリトゥが制作した同名の映画に由来しています。舞台の⼀部が⽇本だったこともあり話題になりました。この映画の中では、多様性、相違、相互理解、調和について語られています。 ブドウが収穫された古い畑は、さまざまなセパージュがあります。それらのセパージュは、同じ場所に共存する異なる⼈種と考えました。 収穫には世界7ヵ国から多くの友⼈がパウロとローラのサポートに来たと⾔います。共通の⾔語はありませんが、同じ経験を共有することで、話をしなくてもお互いを理解できました。パウロとローラにとってこのキュヴェは多様性の象徴となり「バベル」と名付けられました。 Story & Philosophy...... LʼEtranger - レトランジェ(パウロ・アルメダ) パウロはフランスワインをブラジルに輸出するワイン事業に従事していました。その後、2018年にルシヨンのカルスで1930年からある古い酒蔵を購⼊し、改装してワイン造りをスタートさせました。 【農業】 農業は有機農業で、ビオディナミの原則に従っています。機械の使⽤を最⼩限に抑え、耕作を⾏わず、ブドウ園をきれいに維持する為に⼩さな電動ツールのみを使⽤しており、ほとんどの作業は⼿作業で⾏われます。彼は⽣物多様性のためにブドウの⽊の周りに⽊や茂みを植えています。 【ワイン造り】 パウロは、カルスの他のワイン⽣産者であるナダとフェイスBと機材を共有しています。 彼らと⼀緒にワインを収穫、プレスし、瓶詰めしています。ブドウは⼿作業で収穫され、プレスされます。キュヴェに応じて、マセラシオンはステンレス鋼のタンクまたは樽で⾏われます。 発酵は⼟着酵⺟で⾏われ、必要な場合のみ軽く濾過し必要最低限のSo2を追加します。 ※5月〜9月末の期間中のご注文は、品質保持の為、クール便発送となり別途¥330を頂戴致しております。ご注文の際にクール便送料も一緒にご注文下さいますようお願い致します。¥11000以上のご購入で送料無料になりますが、クール便代は別途かかりますのでご了承下さいませ。 ※一部離島は追加で送料を頂戴する場合もあります。あらかじめご了承下さいませ。

セール中のアイテム